アンブロの折れないブログ

このブログは「骨♪」と「お線香」が二人で共有して記事を書いています。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベニール、更なる裏の話

.
2015_07_21.jpg

どうも、お疲れ様です。お線香秋野ノガコです。
ついに梅雨が明け、ルンルン気分でセミの合唱を聞く毎日です。
でもやっぱセミ怖いです。


さて、ちょっとここいらで語られることのなかったアベニールの配達人の裏話を語ってしまおうか、という気にやっとなったので
ネタバレにならない程度に語っておこうかなと思い、書きに来ました。


ご覧になられた方もいらっしゃると嬉しいですが、今年の5月に全国の書店で発売しましたわたくしの商業デビュー作
『アベニールの配達人』という漫画ですが。
こちら
無料で第一話が閲覧可能です(*^o^*)


で、今回はコミックス内でも語られなかった「出そうと思っていたネタ」とか「こうしてたかも」という話とか
していきたいと思っています。





簡単に説明するとこのお話は、1800年頃のフランス、パリ郊外。かの有名な大事件「フランス革命」の後の動乱の時代が舞台です。
史実では貧富の格差が如実に表れ、失業者も多く、治安も最悪という日本の戦後のような時代です。

でも、そんな苦境にも負けず明るく生きているスイーツ大好き主人公ルカたちとパリの人々の心温まるお菓子人情物語
というかんじでございます。



まず、本編と大きく違っていたのは本当に本当のまだ形になる前の初期設定の段階でのルカは

・お菓子と女の子が大好きでモテることが生きがい

というまさかの180°真逆の性格だったことがありました。お菓子のとこ以外別人ですね。笑

名前も「ルカ」ではなくフランス人らしい「ルイ」という名前という候補が上がりましたが、ルイだと貴族の名前っぽくなって
高貴なかんじになってしまうということで1字ずらしたのでした。
王様の名前でもあるしね。


でも、結果的に 女の子には無頓着で頭もあまり良くないという設定で落ち着きました。

逆に、ナタリーはルカのことがむしろ嫌い、という設定でした。
でもこれはこれでifストーリーがあったら面白かったかも…w


次に、

・劇中に日本人を登場させようとした

ことです。

遥か遠くの東の國、ニホンからやってきたという設定で。

まさかの異邦人加入(しかもレギュラー)というぶっこんだ設定を考えているとき、わたくし個人としても西洋人が沢山いる中のポツンとした異邦人という設定にキュンとくるところも無きにしも非ずだったのでそんな癖を組み込もうと欲を出そうとしたら丁度気付いたんですよね。



「この時代、日本だと江戸だし絶賛鎖国中じゃない?」



ということに。

  盲  点

( ^o^ )


すでにキャラクターも(スケッチ段階でしたが)作ってたので、切ないかんじでボツになりました。
本能が先走ると何もいいことがありませんね。痛感しました。

ちなみにそのキャラクターの設定は、日本で食べた南蛮菓子に感銘を受けてパリまでやってきた武家の少年
というものでした。
真面目な日本人キャラといつも気楽なパリ市民との絡みも描けたら楽しかっただろうなあ、と思います。



・ホラー回も組み込もうとしていた


ことにも触れておきたいです…笑

わたくしオカルト関係も実は大好きな人でございまして、たまに、ほのぼの系のアニメや漫画で見掛ける
ちょっとゾクッとするような回ってあるじゃないですか。ああいうのやってみたかったんですよね。

別に作品自体は怖がらせることを意図していない作品だけど、たまにそういうゾッとする系の話があると
スパイス的なかんじでいいなあ、と思ったんです。

たとえば、珍しく誰もいないアベニールでルカがひとりぼっちとか。
パリって、結構歴史が深いのでそういう怖い話も実際結構あるんですよね。
普通に広場で罪人公開処刑とか行われていたし、拷問とかもかなりあったみたいで。
そういう側面のフランスの歴史も、興味深いですね。



・実は4兄弟のラフォレ家


主人公のルカは本名「ルカ・ラフォレ」という名前です。
劇中でも、双子の孤児の弟オルに「オレの田舎の兄弟~」というセリフがあります。

劇中で登場しているルカの兄弟というと菓子店アベニールの親方、ジョルジュですが、ルカの実家の田舎には
ほかに2人の兄がいます。
ちなみにその2人は農家を継いでいます。

ルカは末っ子なので他の兄弟よりも自由度が高いんですね。
たぶんジョルジュがパリで菓子職人にならずにいたらそのまま実家のノルマンディーにいたままで
パリには来なかったかもしれません。




…と、こんなかんじです。

まだまだ裏話は沢山あるんですが、それはまた今度で。


いよいよ夏本番になってきましたね。
暑さに負けず、テンション上げていきましょう!(」´・ω・)」♪


それでは!












冷凍庫のドアが閉まらなくなるくらいパルムをストックしたい。

(お線香
.
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

アンブローケン

Author:アンブローケン
【骨♪】今のところ歌唱寄りだが
たまに絵を描くらしい。
ニコニコ動画にたまに歌の動画を投稿する

【お線香】いつもおなかがすいているが
たまに絵を描くらしい。

-----------------------------
★お願い★

記載が大変遅れましたが、このブログ内の展示物の著作権はアンブローケン(お線香、骨♪)にあります。
まさか無いとは思いますが、このブログ内の展示物および文章などの無断転載・転用・無断での関連商品等の販売はお断りさせていただいております。何か質問等がございましたら一度ご連絡ください。
著作権は一切放棄しておりません。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

骨♪の歌ってみた
最新トラックバック
折れない心を持つ者達
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。