アンブロの折れないブログ

このブログは「骨♪」と「お線香」が二人で共有して記事を書いています。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


アベニール第5回更新

.
マウス絵20141117


どうもみなさんおひさしぶりです。お線香こと秋野ノガコです。

もう1ヶ月経ってしまっていたことを広告バナーが物語っていたので書くことにしました。
…というのも、アベニールの配達人の第5回目の公開が始まりましたのでお知らせ&この回にまつわる小話を
少しだけご紹介できたらな、と思っております。


【第5回 『ブリオッシュ』】
こちら

ブリオッシュは、かつてお菓子として扱われていたパンだそうで、今はホテルのビュッフェとかレストランとかに
普通に出てくるかんじのお食事パンとしておなじみですが。
作中にも書いたんですが、あのマリー・アントワネットが言ったセリフとして
「パンが無いならお菓子を食べればいいじゃない」(※後に「本人の発言ではないことが明らかになっています」)
という「お菓子」にあたるものがブリオッシュだという話はわりと有名です。

ちなみに、この時代のフランスは、伝えられているものとしてはそれまでの絶対王政が崩壊し、王族や貴族が処刑され
独裁恐怖政治やナポレオンの登場など、日本の戦後のような激動の時代で血なまぐさい歴史ということらしいのですが、
それを史実通りにやってしまうと絶望しかないので、アベニールの配達人では貧富の差とかはあるものの、ソフトに
ソフトに…という意識の中描いています。
どうやら、親御さんと一緒に小学生の子にも読んでいただいているようなので あまりに暗がりが目立つものを描くとアレだなーとも思うので…w
なので、アベニールの配達人の世界は19世紀初期の時代背景という設定で描いてはいますが、
そこまでがっつりした時代設定はあえてせずにやってるので、色々大目に見てやっていただけたら嬉しいです・・(;^-^)

…と、話が少しそれてしまいましたが、この回について軽く触れておきたいと思います。


まず、アルとオルという双子の兄弟ですが、もとは60年代のフランス映画に触発されて描いたキャラクターで、
実際に作品に出すかどうかということに悩んだくらい自分の趣味が入ってる兄弟です。
名前の由来は、フランス語の「銀色(アルジャン)」と「金色(オール)」。…だったはず…;'v')

アルはそのまま「アルジャン」でもいい気もしたんですが、なんか日本語の「在るじゃん」みたいな気がして
頭の中をダジャレが駆け巡ったのでやめました。(笑
そこに牛乳があるじゃん?みたいな。

この二人は性格がまるで逆の存在で、熱く輝く太陽と静かに見守る月をイメージしています。
兄のアルはリーダー気質があって、気の強いタイプ。弟のオルは引っ込み思案で押しに弱いタイプ。だけど、アルのためになると勇気を出すこともできる、本質がしっかりした子です。
相手との裏写しとしての心情を描きたかったので、あえての凸凹コンビですね。

あと、路地裏の子供たちにも一人一人名前がありますが、いつかお伝えできたらいいなと思います…w




今回はこんなかんじ。

現在、23日に行われるコミティア110の支度を始めています。
今回は新刊は出ませんが、来年の2月にルネサンス学園パロディ本というマジキチなやつを発行予定です。

ちなみに23日、コミックリュエルの出張編集部もいらっしゃるそうですので、
作品を持ってレッツゴー!!です(>ωσ)-☆


それでは失礼します!

寝室が寒すぎる。


(お線香/秋野ノガコ
.
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

アンブローケン

Author:アンブローケン
【骨♪】今のところ歌唱寄りだが
たまに絵を描くらしい。
ニコニコ動画にたまに歌の動画を投稿する

【お線香】いつもおなかがすいているが
たまに絵を描くらしい。

-----------------------------
★お願い★

記載が大変遅れましたが、このブログ内の展示物の著作権はアンブローケン(お線香、骨♪)にあります。
まさか無いとは思いますが、このブログ内の展示物および文章などの無断転載・転用・無断での関連商品等の販売はお断りさせていただいております。何か質問等がございましたら一度ご連絡ください。
著作権は一切放棄しておりません。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

骨♪の歌ってみた
最新トラックバック
折れない心を持つ者達
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR